New Entry

ランキングに参加してみました。よかったら、ぽちっとしてみてください。

FC2 ブログランキング

にほんブログ村  ⇒ 解離性障害 PTSD・トラウマ メンヘル日記

ランキングに参加してみました。
よかったら、ぽちっとしてみてください。

FC2 ブログランキング

にほんブログ村
↓↓↓
解離性障害 PTSD・トラウマ メンヘル日記

今日はニットだったのだ。そこで、まなちゃんが、昔16下の男と付き合っててさ、と謎の告白をはじめる。作り話かもしれないなあ、と思いつつ、けっこうおもしろくて、作り話だとしておもしろくできるってそれも才能だよなって思った。そして、すっかり信じ込んでしまったみょんちゃん先生は、わたしに、ameさん……と、これまた謎の振り。でも、16下の男と付き合ってたとして、すごい人生があるもんだねって、ameさんなんかには分かんない世界でしょう?って感じの振られ方だったのだけれど、わたしの人生もなかなかすんごいんで分かる世界です。とは言わず、大変興味深いお話が聞けました。と微笑んで答えた、なんて。

おとといは、結局、丸○製麺さんで食べて吐いて、ス○ーバックスさんでも食べて吐いて、なにしてんだろって。食べ吐きがまたもはじまったのは、516が近いせいかな……とか思ったり。よくないよな。自分が食べていいと思うものだけを食べていいと思える量だけ食べて、そうすれば吐いたりしないで済むのに。昨日はお蕎麦を食べて吐いた。今日は食べていいものを食べていい量だけしか食べてないから、大丈夫。ホント、なにやってんだろ。
【 2021.04.23 | Comment:0 | Edit/Admin | Top▲

いつだったか、確か3年くらい前、記憶喪失になったことがある。激しいフラッシュバックに襲われて、そのまま記憶が無くなった。記憶の箱をどれも持たず、そのままで存在してしまった。部屋の隅で倒れていたのだけれど、天井を見ながら、ここはどこだろう?と考えていた。自分は誰だろう?は自分では思いつかなかった。

母だという人が、ここはあなたの家です。と言って、あなたの名前はameです。と言って、夜だったので、今日は寝なさい。これはあなたのベッドです。と言って。わたしはそこからしばらく、記憶喪失状態で、ある意味幸せな時間を過ごした。トラウマもなく、母や父や家族に対する蟠りもなく。母を母だと思い、父を父だと思い、そして記憶喪失だというのに、彼さんのことだけは覚えていたりした。頼りない世界で、彼さんの記憶だけが実態を持っていて、手に触れられる確実なものだった。わたしという人物の説明書(外で倒れたときなどに、書いておいたらいいんじゃないかと記してあった、飲んでいる薬や病歴など)がケータイにあって、記憶が無くなることがあります。の一文に、そうか! 記憶がないのか!と、記憶が無いということを自覚したときの、自分のいまの状況のすべてに合点がいった瞬間の爽快感を覚えている。そして、まっさらな中に幸せな記憶だけを積み上げていって、わたしはとても伸び伸びと生きていた。そのときのわたしには、吃音があり、上手く喋れないことにはイライラしたが、伸び伸びと暮らしていた。

でもある日、突然に記憶は戻り、それは失われた。トラウマや、母や父や家族に対する蟠りや、記憶を失くしたときに無くなった不都合なことがそのまま戻ってきた。それでも、わたしはしばらく記憶喪失のふりをした。限界になるまで、無邪気なふりをした。

あの記憶喪失はなんだったのだろうと思う。幸せな彼さんとの思い出だけを残して、すべてを忘れた。生活に不自由な記憶はなくなり、代わりに吃音という不自由があらわれた。解離の症状の1つだったのか、だれでもないわたしで、どの記憶の箱も持っておらず、だれにも傷つけられておらず。そのわたしにはそれ以来なったことはないけれど、不思議な時間だった。母も、夜に魘されることもなく、フラッシュバックも起こさず、気分も安定していて、食事も普通に取って、それは良いのだけれど、と医師に話していた。ただ、記憶がないのは困るんじゃないでしょうか、と。けれど、当時のわたしはそれほど困っていなかった。記憶が無くても生きていられる。そう思っていたのは、たぶん、彼さんのことを覚えていたからで、彼さんという繋がりが現実にもちゃんとあって、現実に置いてけぼりを食らったような感覚がなかったのだと思う。家族がいる。彼さんがいる。なにも困ってない。本当に、おめでたい頭をしていた時間。

記憶が戻っていると母に打ち明けたとき、そうだと思ってた、と言われたけれど、その後、記憶喪失のふりをしていたことに勝手に疲れ果てて、母に怒りすら覚えて、しばらく口を利かなかった。押さえつけられていたときの感覚がする、と仰向けに寝られなかったのも戻って、壁にもたれかかって眠るように戻って、悪夢を見るように戻って、すべてが元に戻った。記憶が無いふりをしている間には、悪夢もなく、ちゃんと横になって眠れていて、自己暗示ってあるのかもしれないと思った。でもいま、どんなに大丈夫だと言い聞かせても、悪夢は見るし、フラッシュバックも起きる。記憶が無い、なにも覚えていない、そんな状態になったのは、2度目の事件のときくらいだ。そのときも、わたしは安定していたし、記憶というのは、その人を形作る上で大切なものだけれど、無いなら無いでまた別の形を作ろうとするだけで。

ただ、また記憶喪失になりたいとは思わない。いまのわたしでしかできないこと、考えないこと、思わないことがあるし、それが嫌いではないのだと思う。そして、短期間、2ヶ月くらいだったかの記憶喪失を経た上でのわたしにしか知り得ないことも嫌いじゃない。
桜が苦手なことは悲しい。516を恐れ続ける自分も悲しい。けれど、いまのわたしにしか考えられないことがあると思う。その感性は嫌いではない。だからと言って、トラウマがあってよかったなんて言えるはずもないけれど。
【 2021.04.23 | Comment:0 | Edit/Admin | Top▲

【 ハイドラ / 金原ひとみ 】

... more?

【 2021.04.23 | Comment:0 | Edit/Admin | Top▲

彼さんと少し話した。

彼さんのスタンスとしては、わたしにはトラウマもあって、いろいろ社会とか世間の目とかを一概に言えないだろうし、産むにしても、違うにしても、わたしの意志を聞いて、それから話し合おうと思ってたっていう、君の意思を尊重するよ的なもの。そうして決めて、一緒に向かっていくと。
そして、わたしは彼さんがどうしたいのかを聞いて、その通りにしちゃおうかと思ってた無責任。
彼さんの言ってることはやさしいようで、あなたが決めてくださいねって、それはなんか……。でも、彼さんはそういうしかできないんだろうなあって。わたしがあーだこーだ言って、ずーっとうじうじ悩んでるから。トラウマ的な出来事から抜け出せないから。そういう系のトラウマだから。そうしたら、わたしの意志を尊重するって言うしかないよね。なんて言っても、実際に大変なのは、女の人だし。でも、なんか分かんないもやもや。

でも、彼さんのことが好きだからもやもやしているのであって、嫌いになりかけのもやもやではなくて。1番大変なのは、確かに女の人かもしれないけど、彼さんにだってなんらかの負担はかかるんだし、彼さんがどうしたいのかがよく見えないのが、もやもやするのかな。けど、彼さんの意志を聞いちゃったら、わたしはその通りにしちゃうかもしれないし、それで後悔するかも知れないし、それを彼さんのせいにするのかもしれないし、たぶん、責任を取れないのが自分だって分かったことにもやもやしてる。

でも、彼さんとするセックスは好きなのだ。きもちいとかはよく分かんない。けど、彼さんの肌に触れて、生の体温感じて、いっぱいぎゅーってされて、くっついて、安心する。彼さんも、あまりに己をさらけ出す行為だから、誰とでもできるわけじゃないって言うし、わたしでもいいんじゃなくて、わたしだからだって言ってくれる。どうなのかなあ。そうなのかなあ。

よく知らない人のことは信じられない。信じるために、その人のことを知りたいと思う。わたしはまだまだ彼さんのことをいろいろ知りたい。疑心暗鬼にならなくていいように。

てか、もしも。は起きてないのに、起きたときのことを真剣に考えて話してくれるって、どうかな。その話を引っ張るわたしどうかな。重たいよな。トラウマについて話されるのもきっと重たいんだよな。彼さんはよく付き合ってくれるなあ。
【 2021.04.20 | Comment:0 | Edit/Admin | Top▲

今日はかーちゃんのお仕事の関連での集まりに、電車に乗って一緒に行ったのだけれど。集まりの場所まで地図の読めない(地図アプリも使えない)かーちゃんを案内していったんだけど。去年はコロナさんで見送られて、でもおととしやったとこと同じ。でも、かーちゃん。途中まで行ったところで、ああ、この道をずーっと真っ直ぐだったよね。と、駅を出てすぐ、曲がるべきところで言い放つ。さすが、かーちゃん方向音痴。まあ、おととしに1度行ったきりだから、わたしも地図がなきゃいけないんだけど、行く方向は覚えてたよう……。ホームに来る電車を見て、あっちから来るのは下りだよね? だって、右側から来るんだもん。さすがかーちゃん。どんな根拠なんだ。

で、集まりなんだけど、けっこうお年の方も多くて、一応会議なんだけど、質問はありますか?な時間には、たくさん集まってるのに、挙手もせずにあーだこーだ言いたい人がいっぺんに喋り出すという。小学一年生の教室とそう変わんない。進行の人がてんわやんわ。まあ、わたしは、マイクの音量に耐え切れず、イヤーマフをしていたし、周りの人には、こいつはなんでヘッドフォンで音楽聞いてるんだ。非常識な。と思われていたかもしれない。

会議のあとは、く○寿司行って、かーちゃんマグロを食べまくる。わたしは小さめのカルビ丼に肉寿司と納豆巻と、デザート。そして、お腹がいっぱいになったところで、トイレに行ってりばーす。ササッとデザートと他あと半分くらいを吐いたところで満足して、スッキリした顔してかーちゃんのいるテーブルに戻る。く○寿司さん、ごめんなさい。お腹いっぱいは、いまは耐えられない気分なのに、だからお腹いっぱい食べたら吐いちゃうって分かってるのに、お腹いっぱい食べたわたしは悪です。

明日は市内のショッピングモール的なところに行きます。かーちゃんと。ランチはおうどんに決まってます。讃岐のおうどん。丸○製麺なんだけど、お腹いっぱい食べたら吐いちゃう気がする。先に謝っても駄目だよなあ。ごめんなさい、丸○製麺さん。
【 2021.04.20 | Comment:0 | Edit/Admin | Top▲

昨日までの不安が一応消えて、からだが軽くなったような。けど、夜ごはんのあと、お菓子を食べて、吐いた。最初は、ほんのちょこっと、ひとくち食べようって思って、食べはじめたら止まらなくなってきて、結果、吐きたくなった。食べ過ぎたから吐かなきゃ、と。少し前から、腹筋吐きと指吐きを組み合わせたので、吐くのが上手くなってて。けど、今週は脂肪燃焼スープ朝夜置き換え週間で、スープの部分は吐かないでおこう。と、スープが出てきたところでやめる。不安はいったん通り過ぎたのだけれど、なんかもやもやとしてる。

明日はかーちゃんの仕事の手伝いで、ちょっとお出かけ。もしも。が起きてたら、これもどうなるのかって心配してた。明日は早起きなのです。

とりあえず、今日は眠ろう。疲れた。明日から、またがんばろう。
【 2021.04.19 | Comment:0 | Edit/Admin | Top▲

結局なんでもなかった。聞いた瞬間、すごくからだが軽くなった。それまで待合室で腹痛と頭痛と吐き気がしていたのだけれど、お医者さんになんて言うのかを頭の中で繰り返していたのだけれど、この場合はこうしよう、こうだったらこうしよう、いろいろ考えていたのだけれど、杞憂で終わった。ひとりで勝手に不安になって騒いで、昨夜は中絶の手術に行く夢を見て、しかもその夢の中、彼さんは責任を取って自害いたします。僕も不幸になりますって言い残して死んじゃったなんて展開で、そんな責任の取り方なんていらない、僕も不幸になるって、わたしそこまで不幸だとは思ってないよって、なんでこんなことになったのって、彼さんが死んじゃったことに気が遠のいたら目が覚めるという嫌な朝で。

とりあえず、ご心配頂いたみなさまに、ありがとうと、ごめんなさいを。心配かけてすみません。お騒がせしました。なんでもありませんでした。でも、うれしかったです。励まされました。ブログやっててよかったって、本当に思ったのです。ありがとうです。

昨日、もしも。のときに産むという選択をしたらどうなるのか、というのを具体的に考えてみていて、そのときにまず気になったのが、わたしが飲んでいる薬。調べると、奇形を起こす確率が高くなるものが含まれてる。そして、現在何週目に当たるのかを考えると、飲まない方が絶対好ましいと思われる時期に入っていること。どうしよう……。となった。彼さんにも申し訳ない。もしかしたらのいのちにも申し訳ない。薬の影響からの奇形を心配し、中絶をすすめてくる医師もいるらしいということも知る。
そして、中絶の可能性も考えてみた。先月今月と生理がない。最終月経日を0週とすると、9週目になるのかもしれない。その場合、妊娠初期での人工中絶は、じっくり考えている場合ではなくなってくる。11週6日まで。猶予がない。そのあとは中期での中絶で、体に負担は大きいし、死産の届けを出したりもしなきゃならない。埋葬もしてあげなきゃならない。そして、わたしの住んでいる辺りでは人工中絶をやっているところはなく、遠くまで出かけて行かなくてはならない。でも、好都合で、遠くでやりたいとも思うから。

彼さんがどんな責任の取り方を考えていたのかは分からないけれど、とりあえず違うと分かったので、それでも、不安だ不安だ言っちゃったので、分かってすぐメールした。あと、後学のためにどんな責任の取り方をしようとしていたか聞いてみようと思う。

もしも。が起きていたらどうしようどうしよう……。と悩んで、不安になって、この1週間の間にいろんなことを考えた。死ぬことも考えたし、産んで育てることも考えた。中絶することも考えた。他にも、ちょっと幸せな展開になることも考えてみた。けど、実際にはなにも起こっていなくて、ひとりで馬鹿みたいに考えて、そして、昨日の夜はちょっと泣いた。
卑怯にも、もしも。のときには、わたしは自分の意志で決める、彼さんがなにを言ってもそれは変わらない、だから彼さんがどうしてほしいのかは正直に言ってほしい。と彼さんに聞いて、その通りにしよう、などということも考えた。どっちにするとしても、彼さんが言ったとおりにしようかと。彼さんが言ったとおりにして、なにかにつけて彼さんのせいにしよう、などと思ってしまった。

それに、コロナさんで面会は原則禁止、お産時の付き添いも産後の面会もダメと書かれている張り紙を見て、父母学級、マタニティヨガの中止の張り紙も見て、なんて妊娠に向いていない時期なんだ!と憤慨したい気持ちにもなった。わたしは妊娠していなかったけれど、お腹の大きいママたちを見て、大変な中だけど、がんばれ。と思った。

そして、なんでもなかったと分かり、この薬を飲んでいればそうそう妊娠はしない。絶対じゃないけど、というお医者さんに、いつも通りの薬を処方してもらって、帰りには、かーちゃんが楽しみにしていた、かつやでのお昼ご飯を食べて、緊張から解かれたわたしは、ばくばく食べて、気持ち悪くなって、家に帰ってから吐いた。

わたしがどうしたいのか、どうすべきで、どうすべきだったのか、まだ分からない。今回は、もしも。は起きていなくて、ほっとした。という結末で。でも、そういうことをする限りついて回る問題だ。彼さんもわたしもいい大人の年。話し合ってもいいのかな。
なぜか、励みになっているのは、『持たざる者 / 金原ひとみ』の中の男性の台詞。「ただセックスがしたくてセックスをする男って、女が思ってるよりも少ないよ。後腐れなくとか、そういうのって女の人の思い込みだと思う。基本的に男は、セックスする女と後腐れたいと思ってるんじゃないかな」。そうならいいのだけれど。

今回は、運が良かっただけ。なにがあるかなんて分からない。けど、たぶん、わたしは彼さんに会ったら、彼さんにぎゅーっていっぱいされたいと思うと思う。いざ、彼さんを前にしたら、好きだからって、都合よく、ピル飲んでるし、お医者の先生もそうそうないって言ってたし、なんて思うのかもしれない。でも、ここで学ばなきゃ。不安すぎた1週間。なにも変わらないなんて、ダメだよ。
【 2021.04.19 | Comment:0 | Edit/Admin | Top▲

相変わらず、不安だ不安だって思いながらいるのだけれど、もう、もしも。が起きてたら、死のう。とまで思い詰めたりしたのだけれど、彼さんと話したのと、ある方からもらったお手紙とで、その気持ちはなんとか収まった。

久々に、死のう。と思った。だれかになにかされたからって、死んじゃうのは悔しいって、心を殺されたとして、わたしまでわたしに死ねっていうのはいやだって、思ってきたのに、もしものときは死ぬ。と決めたときは、なんだか頭の中がクリアになって開けたような気がして、それでいいんだって思った。そうしたら、みんなはっぴー!って確信すらした。

けど、死なない。死んでどうする。這いつくばって生きる。に路線変更して、また不安不安怖い怖いってなってるけど、こうなってみて、しぬ。と思考放棄した昨日を振り払って、わたしは考えることを放棄しないことにした。そのときになってみないと、本当のところ何にも分からない。わたしの本当の気持ちも、わたしの中で本当はなにが起きているのかも。心配することはなにもないのかもしれないなんて結果かも分かんない。
このまま生理が来なかったとして、でも月曜日には答えが出る。それまで、わたしは大いに悩もうと思う。わたしがしたことをちゃんと考えようと思う。わたしがすべきことはなんなのか、わたしがすべきだったことはなんだったのか。これだけ不安になってる。とことん不安になろうと思う。とことん考えようって思ってる。そうすべきなのかもしれないって。
【 2021.04.17 | Comment:3 | Edit/Admin | Top▲

【 憂鬱たち / 金原ひとみ】

... more?

【 2021.04.17 | Comment:0 | Edit/Admin | Top▲